2017年11月06日

「蒸気で動く家」感想

「蒸気で動く家」読後の感想
 全体の大まかな筋書きから言えば、インドの歴史小説そのものですね。それと、ヴェルヌの視点から見た社会風刺小説。インドの歴史描写から始まって、いきなり蒸気機関の象の出現に驚かされました。
 細部にわたってインドとイギリスの争い。残酷なシーンのなかで強烈な印象を残したのは、「大尉閣下、私を縛りつける必要はありません。逃げたいだなんて、思っていませんから。」の言葉でしょうか。
 互いに命を奪いあう戦争を避けたい、と主張するインドの若者たち。それでも殺されていったというのですから、史実の持つ恐ろしさが伝わってきました。

 インドの歴史描写のなかに、ティプー・スルタンの名前を見て関心をそそられました。20代の頃だったか、(福音館書店)「神秘の島」上下を読んだ時、ネモ船長の設定がティプ・サーヒプ。のちに諫早市立図書館で調べたら、ティプー・スルタンと同一人物だと分かりましたが、詳細がつかめていませんでした。
 インターネットはまだ無かった時代でしたから、本の情報は出版図書目録を取り寄せていました。たまたま(晶文社)「インド最後の王〜ティプー・スルタンの生涯」(渡辺建夫 著)で詳細がつかめました。

この本はのちにヴェルヌ書店に、お勧めの本として推薦しましたことが思い出されます。
ティプー・スルタンについて雑学程度に知っていたせいか、「蒸気で動く家」に入りやすかったですね。
この「蒸気で動く家」はもうひとつの「八十日間世界一周」として紹介されていましたが、私にはネモ船長設定の裏を見る小説に思えました。
ここまでヴェルヌ作品を読むと、彼の作品は只者ではない。深い作品もあるんだな、と感じ入っています。
posted by Cyrus Harding42 at 18:22| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

シンポジウム無事終了いたしました

シンポジウム「ジュール・ヴェルヌ再発見」、豪雨、そして投票日という状況の中で開催されましたが、多くの方にお集まりいただき、無事開催することができました。最後の最後にマイクが効かなくなるアクシデントもありましたが、声が聞こえなくなるというほどでもなく、無事終えることができました。
いらしていただいた皆様、ありがとうございました。

冒頭ご挨拶をいただき、個々の発表を質問で盛り上げてくださった私市保彦先生。ゲストとして発表いただいた巽孝之先生、識名章喜先生。ありがとうございました。

そして何より、はるばるドイツからお越しいただいたフォルカー・デース先生に最大限の感謝を。説得力に満ちた発表の内容もさることながら、常に笑顔を絶やさず、一つ一つの質問にも丁寧に答えていく優しいお人柄にひそかに感動いたしました。

言葉はわからず、食べ物も慣れないという中で、他の発表にも真摯に耳を傾け、またお箸づかいにも挑戦される姿勢に感服いたしました。

もし、もうこりごりということでなければ、また是非お越しいただいてイベントをやりたい、ついそんなことを考えた次第です。

(もちろん反省点は多々ありますし、パワー不足も痛感し、何年後の話だか、ということですが・・・)

お手伝いいただいたすべての皆様、物販にお越しいただいた東洋書林、水声社の皆様もありがとうございました。

とりいそぎ、終了報告でした。



posted by sansin at 10:29| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

10.22シンポジウム「ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家」開催

だいぶ秋めいてきましたが、当研究会、本年度最大のイベントが間近に迫ってきました。
『ジュール・ヴェルヌ伝』著者であるフォルカー・デース氏を招き、シンポジウムを開催いたします。

『ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家』

http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/event/640

「SF文学の祖、冒険旅行小説作家として知られるジュール・ヴェルヌですが、今日、そうしたレッテルにとらわれないヴェルヌの読みが問われています。ヴェルヌ研究の第一人者フォルカー・デース氏を招き、諸作家の専門家とともにヴェルヌの大衆性と文学性について、また、21世紀にヴェルヌを読むことの意義を考えます。」

8名の研究者がポー、ホフマン、プルーストなど、名だたる作家たちを一人づつ取り上げ、ヴェルヌとの関わりを語ります。発表後、デース氏を交えた座談会も行います。

デース氏、ヴェルヌ研究会メンバーほか、仏文以外の研究者として巽孝之氏(米文学)、識名章喜氏(独文学)も登壇されます。一般向けのイヴェントですのでお気軽にご来場ください。入場無料です。

日時:2017年10月22日(日) 10h00-17h30

会場:神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース

大学で行われるヴェルヌのシンポジウムとしては過去最大規模ではないでしょうか(と言っても1日だけですが)。

ぜひお越しください。
posted by sansin at 14:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする