2017年11月12日

石橋正孝さんが第61回群像新人評論賞を受賞されました

会誌編集長にして前会長の石橋正孝さんが、この度第61回群像新人評論賞を受賞されました。

当選作「なぜシャーロック・ホームズは「永遠」なのか ーコンテンツツーリズム論序説」

『群像』12月号(発売中)に全文掲載されています。ぜひご一読ください。

個人的な感想ですが、これまで「『作者』が何を、いかに書いたのか」、ということが批評の伝統的な視点=ドグマであり、それが「作品」の神格化と同調してきたのだとしたら、「『読者』が何を、いかに読むのか」を正面から取り上げたこの論考はやはり画期的なものだと思います。

そしてそれにより、書かれたものが「コンテンツ」として消費されていく中で、「キャラクター」が神格化され、二次創作が引き起こされていくという指摘は、まさに我々の現在で起こっている文学現象の中心的な問題ではないでしょうか。

今後のご活躍にも期待しております。
posted by sansin at 12:16| Comment(0) | 会員の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会員の新刊・既刊まとめ

新刊も出ていますので、インスクリプト『ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション』以外で今年出版された、会員の方関連の出版をまとめておきます。

ジュール・ヴェルヌ『レのシャープ君とミのフラットさん』 大学書林(新島進訳・6月発売)

http://www.daigakusyorin.co.jp/book/b288138.html

小野耕世『長編マンガの先駆者たち 田河水泡から手塚治虫まで』 岩波書店(5月発売)

https://www.iwanami.co.jp/book/b287027.html

【新刊】大西巨人『歴史の総合者として 大西巨人未刊行批評集成』 幻戯書房(石橋正孝共編・11月8日発売)

http://genkishobo.exblog.jp/25845931/

【新刊】ジャン=ノエル・ミサ、パスカル・ヌーヴェル 編『ドーピングの哲学--タブー視からの脱却』 新曜社(橋本一径訳・10月31日発売)

http://www.shin-yo-sha.co.jp/mokuroku/books/978-4-7885-1546-8.htm

フィルムアート社編『エドワード・ヤン 再考/再見』(橋本一径「エドワード・ヤンの映画にとって「写真」とは何か」所収・8月発売)

http://filmart.co.jp/books/filmmaker/edward-yang/

posted by sansin at 09:59| Comment(0) | 会員の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

『蒸気で動く家』発売中です

視聴率が何だ、『おんな城主 直虎』は断固として面白い! ・・・というのはワキに置いといて(皆様すみません)、『蒸気で動く家』、ついに発売しました。お近くの書店でも並んでいるのでは。
蒸気書影.jpg

石橋さんの解説、荒原さんのあとがきも読み応えがあります。なるほど、そうだったのか・・・

初期作品に対し、『ミシェル・ストロゴフ』以降の中期作品は全体像が見えにくい、ということがありますが、本書、そして今後のラインナップである『エクトール・セルヴァダック』の完訳によって、『黒いインド』(邦題『黒いダイヤモンド』)、『ベガンの5億フラン』(同『インド王妃の遺産』)、『ある中国人の苦悩』(『必死の逃亡者』)、『ジャンガダ』、『緑の光線』、『燃える多島海』(『エーゲ海燃ゆ』)、『マチアス・サンドルフ』(『アドリア海の復讐』)、『征服者ロビュール』と、中期作品の、めぼしいところの邦訳が大体揃ってくることになりましょうか。

(あとは、『15歳の船長』の完訳[ちょっとハードルが高い]、『頑固者ケラバン』など、待たれる作品もまだありますが・・・)

そう考えながら『蒸気』を読んでいくと、この時期のヴェルヌの広さ、深さ、充実ぶりがよく分かります。中期ヴェルヌを読み直す最初の一冊としてぜひ読んでみてください。もちろん、時代精神としての植民地主義も視野に入れつつ・・・

また、『マチアス・サンドルフ』は『蒸気』訳者の一人である会員の三枝さんによる新訳(『シャーンドルフ・マーチャーシュ』)が刊行予定されています。こちらも大いに期待です!

posted by sansin at 11:56| Comment(0) | 会員の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする