2017年01月08日

2017年初雑感

「ジュール・ヴェルヌ コレクション」第一回配本、当初予定より若干遅れ、1月20日刊行予定です(アマゾンはまだ直ってないかも)。カウントダウンに入っております。


https://www.amazon.co.jp/dp/4900997447/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=sl1&tag=hondana0c-22&linkId=146f311e43503d60251896e4c7f1c70d

さて、あっという間に一週間がすぎ、2017年もめまぐるしく進んでいくことがありありと予想されたりもするのですが、正月にようやく積み上がった本を整理していたら、そういえば去年はこれも読んだ、というものが何冊かありました。

スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ「戦争は女の顔をしていない」(岩波現代文庫)

これは凄まじい本で、ぜひご一読をお勧めします。しかし、この後の「ボタン穴から見た戦争」、「チェルノブイリの祈り」、そして去年翻訳が出た「セカンドハンドの時代」と読み進めていかないといけないな、と漠然と考えていて、読み終わったという気がしていなかった。今年は続きを読まなければ。

巽孝之「盗まれた廃墟 ポール・ド・マンのアメリカ」(彩流社)

ド・マンとはいかなる人物であったか、いかなる存在であったか、そしてその影響は現在まで続いているということを少ないページ数で濃密に示している好著です。

ハイエク「隷従への道」(日経BPクラシックス)

邦訳は複数あるので、どれでもいいと思うのですが、人類は1930年代以来、全体主義に対しては未だに有効な処方箋を発見していない、ということがはっきり分かる本。

他にも、久生十蘭の短編、モーリアック「蝮の絡み合い」など、興味深いものは多かったのですが、会誌投稿の参考書として読んだので、忘れてしまっていましたね。

さあ、大河ドラマも「精霊の守り人U」も気になりますが、今年はTVを消して本を読もう・・・


追記 : 「このミス」で第2位に選ばれたり、TVで芸人が持ち上げたりして、若竹七海の「葉村晶」シリーズが急に注目を集めているようですが、できれば葉村駆け出しの頃の中公文庫「プレゼント」から読み進めて欲しいです。
文春文庫「依頼人は死んだ」「悪いうさぎ」と続いたら、光文社文庫「暗い越流」収録の短編へ進み(その前に朝日文庫「名探偵の饗宴」にも1編ありますが)、その後「さよならの手口」、最後に最新短編集「静かな炎天」を読んでほしい。紆余曲折を経て、今の葉村晶の境遇があるので・・・
でも、シリーズが進むと最初の設定などどこかに行ってしまう、というミステリあるあるもこの作者は知り尽くしているでしょうから、気にしなくてもいいのかな・・・

1月15日再追記 : 上記朝日文庫の収録作は「依頼人は死んだ」中の1編の再録でした。申し訳ありません。



posted by sansin at 09:15| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2016年雑感

紅白のゴジラがやはり茶番だったことを確認したところで(最初からわかっちゃいましたが、一応確認だけはしておきました)、2016年のまとめをしておきましょう。

実は、2016年は正月から読書日記をつけ始めていたのです。しかし、最近見直したら、5月の読書会を境にぱったりと終わっていました(笑)。その後は、会誌に寄稿した2本のための参考書ばかり。会誌が完成した後は、方向性を見失ったつまみ食い的読書ばかり。

前段が長いのですが、どんな人だかさっぱり知らないパスカル・キニャールという人(どういう経歴の人かは解説に書いてありますが)のコレクションが刊行され始めて、時間論という触れ込みの「いにしえの光」というエッセイならぬ詩文集のようなものをパラパラと読んでいると、兼好法師がこんなことを言ったなどと出てくるものだから、つい徒然草を読み直していると、たまたまこんな段にぶつかりました。

※キニャールが引用した箇所ではありません。そこがどこだかは今のところ不明です。しかし、こうして翻訳の中に日本の古典を見出す気恥ずかしさは、例えば日本人がセネカなど引用するとき、彼の地の方々も覚えるものなのでしょうか。

今日は、このことをしようと思っていても、ほかの急な用件が先に生じてそれに取り紛れて一日を費やしたり、(中略)あてにしていた方面のことは外れて、思いがけないことばかりがうまくいってしまう。面倒だと思っていたことはぶじに済み、たやすいはずのことがたいへんな心労となる。日々過ぎていくありさまは、前もって考えていたようにはいかない。一年の間もこれと同じである。一生の間もまたそうである。(第一八九段、小川剛生訳[角川文庫])


いやまったくそうだよなあ、と思い、去年の今頃ブログに書いた、老い易く学なりがたしという言葉もまた実感するな、と思いながらも、今年あれこれと考えたせいなのでしょうか、実はこうした言葉もそのまま納得しないようになっているわけです。

700年も前に書かれた言葉を、自己に類似したイメージとして「理解」する、感情移入して「身につまされる」ということはどういうことなのでしょうか。こうした「言表効果」というものは何なのでしょうか。

そうした疑問を覚えることなく、現代人は常なるものを忘れてしまったなどと賢しらにいうことは、もうできなくなっているのではないか、などと(これもややこざかしくも)思いもするわけです。

そんなひねくれたことを考えたのは、フッサールや、ウィトゲンシュタインや蓮實重彦やフーコーや、郷原佳以さんのブランショ論を読んだからだったりするのですが、反復とは変化なのだということを、歳とともに実感しているからかもしれません。「前もって考えたようにはいかない」ということのようです。

それにしても、今年は小説をあまり読みませんでした。もっと読むようにします。

映画は、人それぞれ好みはあるでしょうが「シン・ゴジラ」、それからアニメ「この世界の片隅に」が素晴らしかった。

2017年も宜しくお願いいたします。
posted by sansin at 00:23| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」いよいよ発売! そしてアニメ雑感(ネタバレあり)

なんだかんだで、12月に入ると寒くなってきました。北海道は大雪とか。関東も北風が厳しいです。

さて、以前も告知して、オオカミ少年状態でしたが、インスクリプトから「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」全5巻の刊行がいよいよ開始されます。第一回配本は、これまた随分昔に告知しましたが、『地球から月へ 月を回って 上も下もなく(完訳ガンクラブ三部作)』です。刊行予定は来年1月12日。

http://www.inscript.co.jp/verne

月世界旅行2部作と、キャラ再登場の第三作「上も下もなく」の3作品が1巻にまとまった豪華版。少々お高いですが、挿絵もない文庫本が1000円以上して当たり前の昨今、挿絵と補遺、詳細な訳注と解説がついて5800円(税別)というのはむしろ安い。(あ、これも前に言ったかな・・・)

ヴェルヌの邦訳は、今後はこれがスタンダードになるであろう必携書です。お楽しみに。横の書影をクリックして、アフィリエイトから入ってご購入いただくとなお嬉しい。イジキタナサスギですか(笑)

ヴェルヌ研の年内の活動はまだ続いているのですが、そろそろ今年も回顧されてしまう時期になりました。

※以下雑談です。しかもアニメ2作品のネタバレありです。ここで語ることかね、と自分にツッコミつつ(笑)

どうやら最近、流行語というのは「話題になったことに関わりのある語」ということらしいのですが、結局、多くの人が何の気なしに面白がって使う、いわゆる「流行語」というのはもう滅びたということのようです。これは明らかに日本語の自生力が弱っているということだと思うのですが、状況を一言で象徴するには、社会が複雑化しすぎているということなのかもしれません。

「君の名は。」というアニメも、内容を一言で象徴する題名や台詞はなかったように思います。筋立てや構成が非常に良くできた映画で、「セカイ系」と言われる大きな話と、「日常系」と呼ばれる身近な話が絶妙にブレンドされています。パラドキシカルな状況を描いていますから、どこかの評で出ていたように矛盾は当然残ります。そして、良くも悪くも見終わった後に余韻がほとんど残らない。アトラクション的なライド感とカタルシスはありますが、それだけと言ってもいい。
しかし、よく考えるとそれでいいのです。この作品に観客が感情移入するきっかけは、冒頭の、「目が覚めた時になぜか涙が流れている」という、想起されないイマージュへの切なさや悲しさという感情の共有であって、逆に言えば観客と作品世界の接点はそこしかないと言ってもいいのです。だから、何も残らなくても感情の記憶だけが残る。

逆に、見終わった後の方が感情をより揺さぶられるほどで、全く逆の印象を持つのがもう一つのアニメ作品「この世界の片隅に」です。劇場を出ると、平和な街の様子に安堵します。作品世界と現実のつながりが地続きに感じられるのです。

もちろん、「青春ファンタジー」と分類されるだろう「君の名は。」と、リアリズムで戦時下を描いた「この世界の片隅に」では感想が違うのは当然でしょう。しかし、これもよく考えると、実はこの2作品は似通った部分がいくつかあります。

「この世界・・・」で失われ、最後に登場する「右手」が描き出す世界は、失われた記憶の風景であり、主人公にはもう描けなくなったために、自分がその「器」として記憶しておこうと決意する世界です。
(ですから、それは主人公が記憶しているだけではなく、想像した世界も含まれています。この関係性は、実はアニメより原作を読んだ方がよく分かります)

この、「失われた記憶のスケッチ」という主題は「君の名は。」にも出てくる。しかもそれは、死者の記憶なわけです。この、「想起する装置」として「身体の分裂」が起こるという主題が共通しているのです。
身体の一部が記憶を呼び起こすという主題は、「君の名は。」では別の形で反復され、少年が少女の世界に繰り込まれるための装置としても機能します。

そこで、黄昏時=誰そ彼どきという特権的な出会いの時空間が現出するのですが、「この世界・・・」のラストで、「右手」によって導かれた子供が主人公と出会うのも、やはり黄昏時なのです。この子供との出会いは、よみがえり、分身の主題も引き寄せます(もちろん、この子供はその前に出ていた子供とは別人なのですが)。「この世界・・・」の原作では、その直前に過去からの出会いがもう一つ描かれていて、「右手」の機能は明らかです。
「この世界の片隅に」は、リアルな描写とともに、主人公の内面のような、そうでないようなこのファンタジーの部分も見ていく必要があります。

その他にも、巨大な災厄が空から降ってくるという点、一方は湖、一方は内湾ですが、大きな水面を見下ろす場所と視点が主な舞台になっている点など、主題的な共通項はまだあります。
なぜこのように似通うのか、という理由はすぐに解き明かせるものではありませんが、両作品とも、個々人の感情や言葉では解決し得ない、言い表せない大きな出来事に対して、どのように振る舞うのかという模索の物語、いかにして世界と和解するのか、という問題を抱えた作品であることが大きいのでしょうか。

大規模商業ベースのエンタメと、小規模上映のヒューマンドラマという性質の違いはありますが、既存の言葉や物語構造が処理しきれない事象に対するアプローチとして、フィクションの技法が似ているということは指摘できるのではないかと思います。
posted by sansin at 12:18| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする