2017年11月19日

第二十五回文学フリマ東京に出店します【カー65】

来る11月23日(木・祝)、第二十五回文学フリマ東京に出店いたします。ブースは流通センターの2F、カー65です。

http://bunfree.net/?tokyo_bun25#l0

残念ながら、今年は会誌の新刊が間に合いませんでした・・・

(もちろん、現在鋭意編集中です。12月発行予定、ご期待ください)

しかし、今年ついに刊行された『蒸気で動く家』をいち早く特集した第8号、次回配本『ヴィルヘルム・シュトーリッツの秘密』を先行特集した第9号、「〈驚異の旅〉全リスト」を掲載した記念版の第10号、謎の作家として息子ミシェルにスポットを当てた第11号と、充実のラインナップでお待ちしております。お時間のある方は是非!

posted by sansin at 11:30| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

シンポジウム無事終了いたしました

シンポジウム「ジュール・ヴェルヌ再発見」、豪雨、そして投票日という状況の中で開催されましたが、多くの方にお集まりいただき、無事開催することができました。最後の最後にマイクが効かなくなるアクシデントもありましたが、声が聞こえなくなるというほどでもなく、無事終えることができました。
いらしていただいた皆様、ありがとうございました。

冒頭ご挨拶をいただき、個々の発表を質問で盛り上げてくださった私市保彦先生。ゲストとして発表いただいた巽孝之先生、識名章喜先生。ありがとうございました。

そして何より、はるばるドイツからお越しいただいたフォルカー・デース先生に最大限の感謝を。説得力に満ちた発表の内容もさることながら、常に笑顔を絶やさず、一つ一つの質問にも丁寧に答えていく優しいお人柄にひそかに感動いたしました。

言葉はわからず、食べ物も慣れないという中で、他の発表にも真摯に耳を傾け、またお箸づかいにも挑戦される姿勢に感服いたしました。

もし、もうこりごりということでなければ、また是非お越しいただいてイベントをやりたい、ついそんなことを考えた次第です。

(もちろん反省点は多々ありますし、パワー不足も痛感し、何年後の話だか、ということですが・・・)

お手伝いいただいたすべての皆様、物販にお越しいただいた東洋書林、水声社の皆様もありがとうございました。

とりいそぎ、終了報告でした。



posted by sansin at 10:29| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

9/30名古屋トークイベント&10月フォルカー・デース来日! シンポジウム開催

10月、『ジュール・ヴェルヌ伝』著者にして世界的なヴェルヌ研究者であるフォルカー・デース氏を招き、シンポジウムを開催いたします。

『ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家』

http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/event/640

日時:
2017年10月22日(日) 10h00-17h30

会場:
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾大学日吉キャンパス
来往舎1Fシンポジウムスペース

大学で行われるヴェルヌのシンポジウムとしては過去最大規模ではないでしょうか(と言っても1日だけですが)。

本年度、当研究会最大のイベントになります。ぜひお越しください。

また、新着情報に告知の通り、丸善名古屋本店で『蒸気で動く家』刊行キャンペーンを開催中です。そして30日には同店1Fでトークイベント開催です。

https://honto.jp/store/news/detail_041000023158.html?shgcd=HB300

中部・近畿地方の方はこちらもぜひ足をお運びください。
posted by sansin at 15:46| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする