2018年04月15日

石橋正孝さん『ガンクラブ三部作』が「第23回日仏翻訳文学賞」受賞!

新着情報欄にも掲載いたしましたが、インスクリプト「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」第一回配本、『地球から月へ 月を回って 上も下もなく(完訳ガンクラブ三部作)』の翻訳により、石橋正孝さんが小西国際交流財団主催「第23回日仏翻訳文学賞」を受賞されました。

http://konishi-zaidan.org/2018/04/13/23nf/

第1回が阿部良雄『ボードレール全集』、その後も名だたる仏文学者やレーモン・クノー、ジョルジュ・ペレック、ガストン・ルルーといった多彩な作家・作品の訳業が受賞している本賞に、石橋さんとヴェルヌが名を連ねることは、当会にとっても大変喜ばしく名誉なことです。

翻訳のご苦労は会誌12号にエッセイを寄せられておりますが、この古典SFの傑作を良訳で読めることの意義は改めて強調したいところです。まだお読みでない方は是非。
posted by sansin at 16:33| Comment(1) | 会員の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翻訳文学賞受賞おめでとうございます。
これをきっかけにますますヴェルヌ作品が再注目されれば嬉しいものを感じます。昨年はNHKーBS「コズミックフロント・NEXT」でも取り上げられましたからね。

また、ヴェルヌ特集をテレビまたは雑誌などで取り上げてほしいと思ったり、復刻本でも出ないかなって思ったりもします。
Posted by Cyrus Harding42 at 2018年04月17日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: