2017年10月23日

シンポジウム無事終了いたしました

シンポジウム「ジュール・ヴェルヌ再発見」、豪雨、そして投票日という状況の中で開催されましたが、多くの方にお集まりいただき、無事開催することができました。最後の最後にマイクが効かなくなるアクシデントもありましたが、声が聞こえなくなるというほどでもなく、無事終えることができました。
いらしていただいた皆様、ありがとうございました。

冒頭ご挨拶をいただき、個々の発表を質問で盛り上げてくださった私市保彦先生。ゲストとして発表いただいた巽孝之先生、識名章喜先生。ありがとうございました。

そして何より、はるばるドイツからお越しいただいたフォルカー・デース先生に最大限の感謝を。説得力に満ちた発表の内容もさることながら、常に笑顔を絶やさず、一つ一つの質問にも丁寧に答えていく優しいお人柄にひそかに感動いたしました。

言葉はわからず、食べ物も慣れないという中で、他の発表にも真摯に耳を傾け、またお箸づかいにも挑戦される姿勢に感服いたしました。

もし、もうこりごりということでなければ、また是非お越しいただいてイベントをやりたい、ついそんなことを考えた次第です。

(もちろん反省点は多々ありますし、パワー不足も痛感し、何年後の話だか、ということですが・・・)

お手伝いいただいたすべての皆様、物販にお越しいただいた東洋書林、水声社の皆様もありがとうございました。

とりいそぎ、終了報告でした。



posted by sansin at 10:29| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: