2017年03月17日

ガンクラブ三部作

『地球から月へ・月を回って・上も下もなく』 (インスクリプト)
***************************************
 ちくま文庫『詳注版 月世界旅行』(W・J・ミラー注)
 東京創元社『月世界へ行く』
 ジャストシステム『地軸変更計画』
***************************************
 上記に挙げたこの三作品。
 冒険色が強い『海底二万里』や『地底旅行』『八十日間世界一周』等と比較すると、再読する回数が少ない。この三部作が分厚い単行本で生まれ変わり、新訳で久しぶりに読む醍醐味が溜まりませんでした。まさに、コアなヴェルヌファンのための愛蔵本って感じが良いです。

 ちくま文庫は注釈付なのでヴェルヌの隠れた人物史が面白い。前回、東京創元社『月世界へ行く』を読んだのは、10年近く前だったかな。まだヴェルヌ研究会が開設される前だった。
この新訳『ガンクラブ三部作』を読んで、好奇心をそそられたのは、シラノ・ド・ベルジュラック『日月両世界旅行記』(岩波文庫の邦題)やポオ『ハンス・プファール…』の引用でしょうか。この二作品、会誌六月号と七月号。私のエッセイで取り上げていた思い出がありますから。
 ヴェルヌの時代に、おうし座のかに星雲が発見されていたなんて意外と天文学が進んでいたんですね。(P188) 
 近著で楽しみなのは、『エクトール・セルバダック』五月配本でしょうか。最初、いったいなんだろうと思っていたら内容紹介で映画「彗星に乗って」の原作なんですね。こちらのタイトルが記憶に刷り込まれていますので。八十年代だったか、レンタルビデオで「彗星に乗って」を観賞したことがありました。

 映画では戦争批判の風刺が効いていて、宇宙を漂流している間イギリスとフランス軍が和解。地球に戻ってきたら互いの政府命令に従わざるを得ないのでまた戦争を始める。ちくま文庫『詳注版 月世界旅行』(W・J・ミラー注)この注釈ではイギリス軍だけ彗星に取り残されるそうですね。

『地球から月へ・月を回って』この二作。いまでいえばハードSFの元祖なんだな、と感じ入っています。
ヴェルヌが月世界という宇宙に目を向けたのは、『日月両世界旅行記』と『ハンス・プファール…』の影響でしょうか?
さらにもうひとつ、気になるシーンがあります。
『月を回って』と『オクス博士の幻想』に共通するシーン。純粋な酸素の放出だけで、人は感情が高ぶるのでしょうか?これ、ヴェルヌ作品にはまった八十年代からずっと気になっていました。
posted by Cyrus Harding42 at 18:12| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(彩流社)『名を捨てた家族 1837〜38年・ケベックの叛乱』
前回、レビューを書いたこの作品と同様、「ガンクラブ三部作・新訳」もなかなか手ごわいものを感じました。面白さを伝えようにも、大学生みたいな学識がありませんから、レビューが短くなってしまいました。天文学の知識もさほどありません。他の冒険小説なら書きがいがありますけど…。
 この頃、素直に書くことをモットーにしていますから「うわ、このレビュー書き辛い!!」博識な人の脳みそが欲しい。まさにこんな心境なのです。馬鹿正直なコメント失礼いたしましいた。
Posted by Cyrus Harding42 at 2017年03月20日 01:10
お読みいただき、ありがとうございます。楽しんでいただけたのであればよいのですが……

『エクトール・セルヴァダック』、「セルヴァダックServadac」は実は「死体cadavres」を後ろから読んで作った姓なのですが(なぜかはわかりません、いま翻訳中なのでこれから考えます)、音的に「ベルジュラック」と響き合うところがあり、おそらくヴェルヌ流のめくばせではあるのですが(たしか本文中にはっきりした言及はなかったはず)、これまたよくわかりません。月世界旅行そのものは、ニコルソン『月世界への旅』(国書刊行会)をお読みであればおわかりの通り、相当数の作品がすでにヴェルヌ以前に書かれており、『ヴェルヌ伝』に紹介されているように、同時代のフランスでも複数書かれていました。ただ、その中にあって、シラノとポオが別格であったのは間違いないでしょう。ヴェルヌが月に目を向けた直接のきっかけはわかりませんが、アフリカ→北極→地底と書いてきた流れの中で、次に月→海底と行くのは必然的だったように思います。

レヴューというように肩ひじ張って頂く必要はないので、僕の以前の投稿「ガン・クラブ三部作、刊行迫る!」に対するコメント欄のように、誤植を教えていただくだけでも、あるいは、ここはおもしろかったけど、ここはわかりにくかった(違和感を覚えた)、というふうに、ピンポイントで具体的な指摘をいただけると、実は訳者は一番喜びます。もしなにかありましたらよろしくお願いいたします。
Posted by ishibashi at 2017年03月21日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: