2016年09月27日

新刊書情報

先ほど、Amazonで偶然見つけた2冊の書籍を紹介したいと思います。

 『写真家ナダール・空から地下まで十九世紀パリを活写した鬼才』(中央公論新社)2808円

ジュール・ヴェルヌ『名を捨てた家族(仮):1837−38 ケベックの反乱』(彩流社)3024円
2016年10月13日発売・予約受付中
*******************************************
 ヴェルヌの未訳小説が刊行!!ヴェルヌの続刊あるのかなという熱い思いが沸き起こっています。
 さっそく予約しました。
posted by Cyrus Harding42 at 23:11| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナダール論は石井洋二郎先生かと思いきや、小倉孝誠先生でしたか。同時に二冊もナダール論が進行していたとは。今までちゃんとしたモノグラフが出ていなかったことの方が驚きですが。

『名無しの家族』は、ヴェルヌ愛読者には色々面白い小説です。暗いんですよね。一般受けはしないと思いますし、オリジナリティも乏しいようですが(そのこと自体はヴェルヌのほかの作品にもいえることで即「欠点」とは言いかねるものの)。これはあくまでケベックものだから翻訳されたのだと思います。訳者の大矢タカヤス先生は、日本カナダ文学会の会員でいらっしゃいますし、彩流社もケベック関係の出版を手がけていますので。この後もヴェルヌの未訳が続く、という流れには残念ながらならないかと。
Posted by ishibashi at 2016年09月28日 19:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: