2017年07月08日

『レのシャープ君とミのフラットさん』読後の感想

『レのシャープ君とミのフラットさん』(大学書林)
**************************************
 妙なタイトルに惹かれて読んだ後、いままでのヴェルヌ作品と趣きを異にした印象を受けました。
 なんだか詩情溢れるコント…、音楽用語に疎い私には、物語に入り辛いけれども…、こんな作品も残していたんだな、と感じ入っていました。それが一味違った感じを出していて、もっとファンタジー物を読みたいと思いました。
 音楽がらみで言えば『動く人工島』もそうでしたね。音楽演奏者の冒険物語。これで思い出したことですけれど、『動く人工島』と『少年船長の冒険』は抄訳ですよね。いつか完訳版を読んでみたいものがあります。
 
 ちょっと無理かなと思いますが、『海底二万里』愛蔵版も楽しみたいものがあります。
 幻の木版画「ボーリング作業」の追加と、インド洋での初期設定稿「ノーチラス甲板での乗務員の事故」の追加。W・J・ミラーの注釈付。すべてカラー木版画。
 これって、心の中でロマンを温めるだけにしておいた方がよさそうですね。
posted by Cyrus Harding42 at 00:01| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

『蒸気で動く家』近刊情報

台風が接近する中、皆様いかがお過ごしでしょうか。ずいぶん更新せずにごぶさたいたしました。

決してお休みしているわけではなく、いろいろ協議検討していることはありまして、ただ、まだお知らせの段階にありません。いずれ具体化したら発表いたします。

書くことがなければ朝ドラ「ひよっこ」も大河ドラマ「おんな城主直虎」もめっぽう面白いものだから、そこをついつい語りたくなるのですが、まあそこは抑えて、今日はようやく一つ告知です。

先日の大学書林「レのシャープ君とミのフラットさん」に続き、インスクプリストから刊行の「ジュール・ヴェルヌ〈驚異の旅〉コレクション」、第二回配本『蒸気で動く家』が7月31日発売予定ということで告知が出ました。なんだか、新訳ラッシュですね。

http://www.inscript.co.jp/b1/978-4-900997-71-4

まあ、今までの経験から言うと多少ブレはありますので、その頃出る、というくらいで皆様お考えいただければ(笑)、と思っております。

宣伝文にもありますように、ヴェルヌの中でも奇妙な傑作として、作家ジュリアン・グラックやプルースト研究の第一人者ジャン=イヴ・タディエなどから熱い支持を受けている作品、本邦初の完訳なりました。ぜひお手にとってその奇っ怪さをお確かめください。

実はヴェルヌ新訳、他にもラインナップはあります。これも刊行時期が決まったら告知できるかと思います。お楽しみに!






posted by sansin at 12:05| Comment(0) | 会員の動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする