2016年10月16日

編集中

みなさま、大変ごぶさたしております。

ごぶさたしていたのは会誌の作業でかなり忙しいのです。

当初8月末だった締め切りは結局9月末まで引っ張りました。私自身は10月2日に提出。今回は時間がかかりました。
(とか言って、シン・ゴジラを3回も見に行った自業自得なのですが)

10月に入ってからは、読書会の筆耕を手直し。ようやく、ゲラに回す段階にきました。

11月23日の文フリ東京大会に間に合わせたいと思っているのですが、ギリギリの進行かも。

と言って、一番大変なのは私でなく編集長なので・・・

つらつら考えるに、やはりジュール・ヴェルヌではなく、ミシェル・ヴェルヌが相手だと調子が狂うところがあります。

息子だからと言って似ているとは限らない、まして相当にクセの強い人物で、論じるのになかなか苦労する相手ではあります。それゆえに勉強になるところも多いのですが・・・

いずれにせよ、まだ鋭意編集中です。

ご本人も書かれていましたが、会員の石橋政孝さんと倉方健作さんの共著『あらゆる文士は娼婦である』が発売になりました。

http://www.hakusuisha.co.jp/book/b243681.html

世界的な名作と呼ばれる文学作品も、世に出る時には当然、編集者や出版社による書籍化という「仕事」があったわけで、その知られざる苦闘を明らかにする興味津々たる1冊です。こちらもぜひ。

posted by sansin at 10:45| Comment(2) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする