2016年09月10日

角川文庫『海底二万里』感想

角川文庫『海底二万里』上下(渋谷豊 訳)
 
 遅ればせながら、角川文庫『海底二万里』上下を最近購入いたしました。映画の情報もこの解説が発端だったのですね。これで『海底二万里』は東京創元社や、集英社文庫、岩波文庫、新潮文庫、ハヤカワSFシリーズ(村上啓夫・抄訳)福音館書店(箱入り&文庫)偕成社文庫(大友徳明訳)Naval Institude Press(ウォルター・ジェイムズ英訳)こんどの角川文庫新訳も入れて10巻になってしまいました。
 
 『海底二万里』の翻訳本が増えると、つい比較するのは豊かな文章表現です。ティントレラはツノザメの種類と分かってから、さまざまなサメの名称に「どれがヴェルヌの指摘するサメなんだろう?」とロマンを馳せています。角川文庫ではタントレア。思わず「何これ?」サメの具体的な名称に困ったのでしょうね。

 もうひとつ「大ダコ」の章で比較してしまうのは、コンセイユとネッドの面白い掛け合い。(ウォルター・ジェイムズ英訳)では「oh,great! Ned burst into laughter."Mr conseil has put me in my place"」(P346)(電子辞書の英和辞典で put 〜 in 〜's place"は(高慢をくじく。身の程を思い知らされる)とありますから、それぞれの訳者の表現術に感服してしまいます。
「こいつは愉快だ。〜略〜コンセイユ先生に煙に巻かれてしまった!」なかでも荒川浩充の訳がユーモアがあって気に入っています。50代の読者になると、いまは使われない古い表現に愛着を感じますね。

 それから、今回の角川文庫の新訳は予想外の面白さがありました。文語体ではなく、口語体の(ですます体)ですね。ですます体ともなると、当然文語体の熟語とそりが合わない。こなれた日本語が必要になりますから。その点で、こうも表現が変わるのかと豊かな日本語の刺激を受けています。
 翻訳うんぬんについて生意気書いてしまって申し訳ありません。つい熱くなりまして…。続けての投稿すみませんでした。
posted by Cyrus Harding42 at 19:34| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする