2016年01月27日

冬物語

大寒を過ぎ、ことさらに寒くなりました。いつまでも「年またぎ」と言っていると脚が伸びてしまうので(笑)、特別話題はありませんが雑談を少々。

何回か前にご紹介したディネセン「冬物語」(横山貞子訳・新潮社)が出ています。こういうものはじっくり読むべし、ということで全部は読んでいませんが、訳者の後記を読むと、墓碑にはカレン・ブリクセンとあるそうで、ご紹介した際に離婚したからブリクセンも筆名だろうと書いたのは私の誤解だったようです。ここに謹んで訂正をいたします。

アフリカから帰国後、第二次世界大戦中に書かれた短編集には、強い意志で厳しい状況を乗り越えようとする人々の姿が多い、と。それは読んでみなければ分からないものの、歴史的な出来事が無名の人々にあたえる悲惨さ、あるいは単に年月があたえる試練をめぐって、ディネセンが物語を紡いでいたことは、後年の「バベットの晩餐会」など読んでも理解されることでしょう。

ハンナ・アレントは「暗い時代の人々」の一章をディネセンに割いていますが、運命を物語として実現させるという思想をディネセンの中核に見ることはいささか違うように思います。それでは、彼女とアフリカとの遭遇という「出来事」を理解することはできないでしょう。

「暗い時代の人々」はもちろん、ベンヤミンやブレヒトについてのエッセイに読みどころがあるのですが、ベルグソンといい、ヴァレリーといい、チャペックもしかり、ナチス・ドイツの支配下で、あるいはスターリン政権下で、その業績にふさわしからぬ形で人生を終えた人々は多いわけです。

そういえば、チェペックの最後の長編も邦訳が刊行されるとか。そんな風に、網目をたどるように読書遍歴は続くのです。筒井康隆「モナドの領域」からリオタールを読みはじめ、さかのぼれば文庫クセジュ「現象学」から始まり、と、きりがないのですが、やめられないのです。
posted by sansin at 00:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする