2015年12月22日

BSJV編集部よりA

先日、ヴェルヌ協会会報の最新190号が届きました。200号も見えてきたわけですが、今年は、ヴェルヌ協会の50周年(戦前に創設され、間もなく活動を停止した時期を含めれば70周年)でもありました。ヴェルヌが19世紀の作家であることを考えれば、意外に歴史は浅いとも言えます。

前回のコメント欄で、過去のミシェル・ヴェルヌ特集を紹介すると予告しましたが、最新号を紹介する方が先でしょう。ということでごく簡単に。本号と次号は、ヴェルヌの草稿に関する寄稿を中心にまとめる、という編集方針が採られています。すでに本ブログでも紹介しましたように、ウィリアム・ブッチャーの草稿研究書の書評が本号に二本載り、次号には、シャイナルトの博士論文と拙著の書評が出ることになっています。改めて二本の書評を読み直してみました。シャイナルトの批判は、ブッチャーの草稿研究がエッツェル抜きの純粋ヴェルヌという幻想=ファンタスムの「復元」を目指す限りにおいて、草稿研究という科学的方法を逸脱しているという点に尽きるでしょう。草稿研究は確かに本文校訂の一助になるし、著者による最終版を相対化するが、あくまで時系列に沿った異同によって作家の創作過程を再現し、その過程の一段階を「代表的」ケースとして基準となる本文を定めることが目的であって、最終版にお墨付きを与えることでもなければ、原型に遡ることでもない、と。個人的には、草稿研究がファンタスムを誘発することは避けられず、それがまったく排除されるべきだとも思わないので、その立場から、ブッチャーのファンタスムがどのように発生しているのか考えてみたのが拙文になります。フロベールが排除した物質性=偶発性をヴェルヌとエッツェルのコンビが引き受けたとすれば、ブッチャーはそれを排除した結果、フロベールにとってもっとも排除されるべきだった物質性として、徹底的に脆弱で当人からも守られるべき作家の「自我」を見出してしまい、これに対するエッツェルの「迫害」への怒りをエネルギーに、異同を洗い出す作業が進められたのではないか。この二本の書評はオンラインヴェルヌ研究誌Vernianaに英訳される予定でしたが、英訳をするはずだった人が断念し、代わりに英語でオリジナル書評を書き、その中で紹介されることになっております。

その他の草稿関係の寄稿は三本あり、イタリア人イレーヌ・ザノ(だとフランス語読みなのですが)によるヴェルヌのスカンジナヴィア旅行メモの紹介、クザヴィエ・ノエルによる『南の星』のグルーセ版草稿(先ごろナント市立図書館が購入、近く電子化される予定)の紹介、そして、フォルカー・デースによるアミアン市立図書館所蔵のヴェルヌ及び関係者による手書き資料のリストです。最初の二本は残念ながら紹介に留まり、それほど突っ込んだ内容ではありません。デースの書誌は、例によって綿密なもので、アミアン市立図書館の資料は全貌が明らかになっていない段階ですので、非常に貴重です。

残る寄稿は、Brigitta Mader氏によるヴェルヌとルイージ・サルヴァトーレの交流に関する新発見の報告です。今号で最も興味深く読んだ文章になります。これまでこの二人が最初に出会ったヴェネツィアのホテルがどこなのか、二つの異なる証言があったのですが、ヴェルヌのルイージ・サルヴァトーレ宛書簡が発掘され、それが英国ホテルと判明。ヴィクトリア・ホテルだったというヴェルヌ自身の後年の記憶はやはり当てにならないことがわかりました。また、デースのヴェルヌ伝でも、この時に執筆中だった『マチアス・サンドルフ』の主人公のモデルの一人として、ルイージ・サルヴァトーレがヴェルヌの念頭にあったとされていますが、書簡に示されている通り、この時点でヴェルヌは彼のこともその作品のことも知らなかったようです。したがって、従来の定説は修正される必要があります。
posted by ishibashi at 01:09| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする