2017年10月01日

10.22シンポジウム「ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家」開催

だいぶ秋めいてきましたが、当研究会、本年度最大のイベントが間近に迫ってきました。
『ジュール・ヴェルヌ伝』著者であるフォルカー・デース氏を招き、シンポジウムを開催いたします。

『ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家』

http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/event/640

「SF文学の祖、冒険旅行小説作家として知られるジュール・ヴェルヌですが、今日、そうしたレッテルにとらわれないヴェルヌの読みが問われています。ヴェルヌ研究の第一人者フォルカー・デース氏を招き、諸作家の専門家とともにヴェルヌの大衆性と文学性について、また、21世紀にヴェルヌを読むことの意義を考えます。」

8名の研究者がポー、ホフマン、プルーストなど、名だたる作家たちを一人づつ取り上げ、ヴェルヌとの関わりを語ります。発表後、デース氏を交えた座談会も行います。

デース氏、ヴェルヌ研究会メンバーほか、仏文以外の研究者として巽孝之氏(米文学)、識名章喜氏(独文学)も登壇されます。一般向けのイヴェントですのでお気軽にご来場ください。入場無料です。

日時:2017年10月22日(日) 10h00-17h30

会場:神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 慶應義塾大学日吉キャンパス 来往舎1Fシンポジウムスペース

大学で行われるヴェルヌのシンポジウムとしては過去最大規模ではないでしょうか(と言っても1日だけですが)。

ぜひお越しください。
posted by sansin at 14:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

9/30名古屋トークイベント&10月フォルカー・デース来日! シンポジウム開催

10月、『ジュール・ヴェルヌ伝』著者にして世界的なヴェルヌ研究者であるフォルカー・デース氏を招き、シンポジウムを開催いたします。

『ジュール・ヴェルヌ再発見 作家と大衆作家』

http://lib-arts.hc.keio.ac.jp/event/640

日時:
2017年10月22日(日) 10h00-17h30

会場:
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾大学日吉キャンパス
来往舎1Fシンポジウムスペース

大学で行われるヴェルヌのシンポジウムとしては過去最大規模ではないでしょうか(と言っても1日だけですが)。

本年度、当研究会最大のイベントになります。ぜひお越しください。

また、新着情報に告知の通り、丸善名古屋本店で『蒸気で動く家』刊行キャンペーンを開催中です。そして30日には同店1Fでトークイベント開催です。

https://honto.jp/store/news/detail_041000023158.html?shgcd=HB300

中部・近畿地方の方はこちらもぜひ足をお運びください。
posted by sansin at 15:46| Comment(0) | 研究会の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

身辺雑記

「蒸気で動く家」のレビューは10月頃になりそうです。
毎年9月末ともなると、楽しみにしている会誌(自由投稿)の締め切りが迫ってきていますから。文案を練っている最中といったところでしょうか。
 先ほど、石橋さんにコメント投稿が出来なかった旨をお伝えしましたが、どうやら私の入力ミスが原因だったようでした。
posted by Cyrus Harding42 at 23:57| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする